ブラケットとは何か

補助照明として欠かせない存在のブラケット

理想の家造りを実現させるためには、照明選びが重要なポイントになります。気に入ったデザインであることも大切ですが、場所と用途にふさわしい照明を選ぶ必要があります。ところで、インテリア雑誌などで頻繁に登場する「ブラケット」とは、どんな照明器具を指すのかご存知ですか?なんとなく分かっているようで、照明の種類や違いについてきちんと把握している人は少ないものです。ブラケット照明とは、壁や柱に直接取り付ける照明のことです。 照明の方法は大きく分けると3種類に分けられます。天井に取り付けて部屋全体を照らす「シーリング」、天井から吊り下げる「ペンダント」、そして、主に補助照明として使用される「ブラケット」です。ブラケットは一見すると地味ですが、住まいの照明計画には欠かせない、重要な役割を果たします。

陰影のある光がニュアンスを生む

壁面に直接取り付けるブラケットは、壁に光を反射させ間接的に空間を照らします。あえて陰影のある優しい光を作り出すことで、インテリアはぐっと洗練された印象になります。電球を覆うシェードの形状によって、光の角度を上下左右と自在にコントロールできるので、欲しい箇所に欲しい形状の光を当てることができるのです。補助照明としての機能に優れ、吹き抜け天井や階段などの間接照明として重用されます。寝室や廊下の足元に設置するのもおすすめです。用途多様なブラケットは、玄関ポーチやガレージなどの屋外にも欠かせない存在です。屋外には防雨型の専用タイプを設置します。玄関ポーチは家の顔となる重要な場所です。デザイン性の高いおしゃれなブラケットを選びましょう。